産後骨盤矯正

  • 産後の骨盤の歪みが気になる
  • 出産後、身体が痩せにくくなった
  • 授乳後に床から立ち上がる時膝が痛む
  • 出産後に骨盤あたりに痛みや違和感がある
  • 出産後お尻から足にかけて痺れがある

出産後、なぜ産後骨盤矯正が必要なのか?

妊娠中お母さんの身体の中ではいろんな変化が起きます。
胎児がお腹の中で大きく育つにつれ、お母さんの骨盤は出産の準備のために
骨盤まわりの筋肉や靭帯が緩みやすくなるホルモンを出します。


お産の時に赤ちゃんが出てきやすいように骨盤が最大限に広がります。
そのため、産後は骨盤が不安定な状態で、楽な姿勢を続けていると歪みが
起きやすいというリスクが高まります。
その歪みを正すために「産後骨盤矯正」が必要です。

産後骨盤の歪みがなかなか改善しにくい理由は?|東広島市西条整骨院・鍼灸院

骨盤周辺の筋肉や靭帯がまだ緩い産後の身体の状態で、
猫背姿勢や授乳中のあぐら等の足を組む動作が多いと
身体のバランスが崩れ骨盤が正常な位置に戻りにくくなってしまいます。
すると、骨盤周辺の血行が悪くなり、筋肉がつきにくく太りやすい体質になってしまいます。

出産前には感じることのなかった身体の変化に戸惑い悩んでいると、
子育てに集中できなくなる可能性が出てきます。
しっかり骨盤や身体の歪みを正しい位置に戻すための産後骨盤矯正をしましょう。

東広島西条整骨院の産後骨盤矯正の特徴

STEP1  身体のバランスのズレをチェック!

・妊娠中、胎児が大きくなるにつれお腹も大きくなります。すると体のバランスを取ろうとして反り腰になります。そのため、痛みが起きやすく痛みをかばう姿勢をとるようになり全身に歪みが生じます。当院の産後骨盤矯正ではこの歪みを全身細かくチェックして、骨盤だけでなく全身を診ます。

STEP2  骨盤の調整を行い、歪みを整える

・産後の歪んだ骨盤の調整を行います。恥骨や骨盤の関節に痛みが起きやすくなるので身体に負担の少ない施術方法で骨盤の調整を行い正しい位置へ戻していきます。

STEP3 骨盤周辺から全身にかけての筋肉、関節の調整

・本来の人間の動かせる関節の可動域を取り戻し、筋肉の状態を良くしていきます。全身へアプローチをすることにより産後のさまざまなお悩みを根本改善し解決していきます。

産後骨盤矯正を始めるタイミングは?|東広島市西条整骨院・鍼灸師

産後骨盤矯正は出産しておよそ2~6か月以内に行うことが望ましいです。また一度骨盤を矯正しても産後の骨盤はズレが生じていた方向に戻ろうとする力が強いため、一度の産後骨盤矯正で元の正常な位置に戻るとは限りません。産後の身体は体力が低下しているので、じっくりと骨盤の位置を安定させて、定着するまでは一週間に一度のペースを目安に産後骨盤矯正を行うことが大切です。