ストレートネックと言われたあなたへ-東広島西条整骨院-

2024年05月9日

こんにちは! 

広島県 東広島市 で皆様の健康のお手伝いをしている東広島西条整骨院・鍼灸院です!

 

前回のブログにて、自律神経の不調についてお伝えしました。

ご覧になられていない方はこちらも👇

「春の自律神経の不調は姿勢改善が重要!」

ぜひ、チェックしてくださいね!

 

今回のテーマは

【ストレートネックと言われたあなたへ】をお伝えいたします!

 

最近、首の痛みを訴える方が増加しています。

その理由は何かと疑問に思うかもしれませんが、

主な原因はスマートフォンやパソコンの使用姿勢にあります。

画面を覗き込むようにしてうつむき加減で、

無意識のうちに猫背になりながらスマートフォン・パソコンを操作する人々を、街でもよく見かけます。

 

長時間悪い姿勢をとっていると、

首の骨がまっすぐになってしまい、肩や首の痛みをともなうことがあります。

 

「スマホ首」とも呼ばれるストレートネックとは、

どのような状態なのかお伝えいたします。

ストレートネックとはどんな症状か

最初に首の骨の構造を理解しておきましょう。

首の骨は背骨の一部で、首にあたる部分は「頸椎(けいつい)」と呼ばれます。

この頸椎は、7つの椎骨(ついこつ)がつながりあって構成されています。

ストレートネックとは、本来緩やかに前弯してつながっているべき椎骨が、

まっすぐになってしまっている状態をいいます。

「え? まっすぐじゃいけないの?」という人もいると思いますが、

本来人間の首の骨は、頭の重さを分散して支えるために

緩やかに前方へカーブしている状態が正常なんです。

 

正常な頚椎とストレートネックの違い

ストレートネック状態になると、首だけでなく支えている背中や肩まで負担がかかり、

肩こりや腕のしびれなどが症状として出てきます。

また痛みが慢性化することによって、

頭痛や吐き気、めまい、

さらにひどくなると不安からの情緒不安定や不眠を引き起こす可能性もあります。

ストレートネックの原因

ストレートネックの主な原因は、ずばり「姿勢の悪さ」です。

とくにスマートフォンを使っていると、

無意識に下を向き猫背のまま数時間経ってしまっている人もなくないと思います。

ほかにも長時間におよぶデスクワークで、姿勢が悪いことも影響します。

デスクワーク時の姿勢は、イスの座り方に大きく左右されます。

たとえば背もたれが垂直に近いと前のめりの姿勢になって首や腰に負担がかかり、

逆にのけぞった状態で座り続けても首や腰に負担がかかります。

 

姿勢の悪さが首・腰に負担を与える理由

では、姿勢が悪いと首や腰に負担がかかるのは、なぜでしょうか? 

それは人間の頭が重いことが原因です。

「人間の頭はボーリングの玉ほどの重さで、成人だと約4~5㎏あります。

この重さを首の骨が前弯していることで、身体の真上にくるように調整し、

必要最低限の力で頭を支えています」

 

0度 4~6kg
15度 12kg
30度 18kg
45度 22kg
60度 27kg

スマートフォンをのぞくように30度倒せば、首には18kgの負担が。

60度倒してしまうと27kgもの負担がかかってしまいます。

この60度の角度って、

思い返すとスマートフォンを使っているとき、やっている人いますよね?

ただし、45度で首の関節や筋肉に22kgもの負担。

45度近くか、それ以上うつむいている人は多いはずです。

長時間これだけの負担を首にかけていると、

ストレートネックになってしまうことも否めませんね。

 

「ついつい自然にとってしまう姿勢ですが、頭の重さが首にかける負荷は大きいため、

ご自身でうつむいていないかどうかを意識しておくことが大切です」

 

ストレートネックでお悩みの方、首や肩のコリ、腕の痺れなどでお困りの方は

今すぐ当院にご相談ください!!

春の自律神経の不調は姿勢改善が重要!-東広島西条整骨院・鍼灸院-

2024年04月9日

こんにちは! 

広島県 東広島市 で皆様の健康のお手伝いをしている東広島西条整骨院・鍼灸院です!

 

前回のブログにて、交通事故施術についてお伝えしました。

ご覧になられていない方はこちらも👇

交通事故でお悩みの皆様へ ~交通事故治療なら東広島西条整骨院・鍼灸院へ~」

ぜひ、チェックしてくださいね!

 

今回のテーマは【自律神経の不調について】お伝えいたします!

 

暖かくなり、仕事や家事を頑張っている中で

不眠、疲れやすい、頭痛、肩こり、息切れ、胃痛や便秘、イライラや不安など

不快な症状が現れてしまうと、とても辛いですよね。

 

 

この様な症状は、自律神経の不調から起こっている可能性があります!

 

 

自律神経とは、「交感神経」と「副交感神経」で構成されています

 

車の機能に例えると、交感神経はアクセルのような役割を果たします。

交感神経が優位になると、血管が収縮し血圧が上昇、気分もアグレッシブになります。

一方で、副交感神経はブレーキのような役割を果たし、

活動が活発になると血管が適度に緩み血圧が下がり、体はリラックス状態になります。

心身の健康を保つためには、これら二つの神経のバランスが1対1であることが理想的です。

つまり、両神経が高い活動レベルを保ちつつ

バランスを取っている時、人間の体は最も良い状態にあります!

 

しかし、このバランスが崩れると心身に様々な不調が現れ始めます。

例えば、過度なストレスや生活サイクルの乱れ、

将来への不安などが原因で心が閉ざされ自律神経が乱れやすくなります。

 

現代社会では、自律神経を乱す要因に常に囲まれています。

それら一つ一つに対処することは大変な意志を必要とします。

そこで重要になるのは、「習慣」の力を最大限に活用することです!

習慣を変えれば行動が変わります。行動が変われば、あなたの人生も変わっていきます。

 

自律神経を整えるカギ!

自律神経のバランスを整えるためには、呼吸と姿勢を整える習慣が重要です。

長時間デスクワークなど、座位や前かがみの姿勢では胸郭が圧迫され

深呼吸が困難になり、結果として呼吸は浅く速くなります

反対に、深くてゆったりとした呼吸は副交感神経を活性化させ、

乱れた自律神経の調和を取り戻すのに役立ちます。

 

呼吸の大切さを頭ではわかっていても、

「意識してしまうとかえって上手に呼吸することができない」という人もいます。

そこで、深くゆったりとした呼吸を行うために、姿勢を整えることからおススメします!

正しい姿勢を取ることで、安定した深い呼吸が可能になります。

自律神経のバランスを整える近道は、日常の姿勢を整えることです!

 

「姿勢を正すためには、腰椎などの支えるための関節を安定化させ、

股関節や肩関節など動く関節をしっかりと動かしていくことが重要です。」

 

自律神経が整う!

自律神経のバランスが整うと、

細胞の隅々にまで質のよいきれいな血液が流れるようになります。

そして、細胞の隅々にまで血液が行き渡ると、すべての臓器の調子がよくなっていきます。

たとえば、便秘や下痢気味の人なら腸の調子がよくなることで症状が改善し、

疲れやすい人なら肝臓の調子がよくなることで活力が湧いてきます。

 

当院の施術

当院では、OMJバランス調整整体をもとに

筋肉・関節・骨格を整えるため、患者様それぞれに適した施術を行います。

また、酸素カプセルを用いて体内の酸素摂取量を増やし、自律神経を整えることも可能です。

 

まとめ

「自律神経の不調は姿勢や呼吸の乱れからも起こる」

「姿勢を整え、呼吸を整える」

「習慣を変え、自律神経を整える」

 

皆様のお身体のお悩みをお聞かせください!

お気軽に、お電話・LINEからお問合せくださいね🍀